終戦の日を迎えて2014年08月15日

DSC_0138

69回目の終戦の日を迎えた本日の夕方、池袋で街頭演説を行いました。

 

「今日は8月15日、69年前のこの日、戦争が終わって日本に平和が訪れた日です。日本の平和に改めて思いを致す日にして下さい。」と訴えました。

 

その上で、安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定に改めて反対を表明しました。

 

「日本の自衛隊が海外に出て行って、外国の国民を一人も殺すことはなかった。日本の自衛隊員も外国の鉄砲に当たって亡くなる人はいなかった。この69年間守ってきた日本の平和ブランドをこれからもしっかりと守っていくべきで、私たちは今に生きる世代として、これを次の世代にバトンタッチしていく義務がある。」と話すと、若い方からも「頑張れ」と声援が飛びました。

 

 

 

最近、朝の駅頭演説やラジオ体操、盆踊りなどで「安倍政権の横暴にしっかり歯止めをかけて欲しい。民主党頑張れ!」と声をかけていただくことが多い。

 

各種メディアのアンケート結果同様、納得していない方、不安に思っている方がとても多いことが手に取るように分かる。

 

 

平和憲法のもと、集団的自衛権の行使を容認しないとしてきた日本において、閣議決定のみでその解釈を否定し行使を容認した安倍政権の姿勢は問題です。

 

国の主人公は、国民の皆さんです。

 

「『憲法を変えてでも集団的自衛権を行使すべき』と国民の皆さんは考えている。」と安倍総理は言いますが、それならば国民投票を行い、直接信を問うべきだと考えます。

 

 

 

カテゴリ:
タグ:
, ,