是非もなし2017年10月02日

 

総選挙の枠組みについて、問い合わせが多いのですが、当事者ではない自分にはしっかりお答えできず、私もお聞きになった方もお互いモヤモヤした日が続いていました。

 

ただ、選挙公示日は刻一刻と迫ってきており、是非もなし。

 

応援する方やスタンスについても変更があるわけでもなく、最終的な名簿のチェックなど、できることをしっかりと詰めておく作業に追われています。

 

では、1区や10区はどうなるのか?

 

先ほど、海江田万里さんから発表がありましたので、こちらでも掲載することにします。

 

 

 

私は、これまでの政治活動において、『中道』の立ち位置を貫いてきました。

「希望の党」は、最初に「寛容な改革」を理念に掲げていましたから、それならば一緒に活動することも可能ではないかと考えていました。

 

ところが、その後の小池代表の言動を注視していて、この党とは、行動を共にできないと考えました。

無所属での立候補も模索しましたが、一人では選挙の活動も制約を受けますし、国会での発言の機会も奪われるので、本日午後、枝野幸男民進党代表代行が立ち上げることを表明した「立憲民主党」に合流することを決めました。

 

枝野さんは記者会見で「日本国民の生活の安心、立憲主義、民主主義、自由な社会を守っていくために立憲民主党を立ち上げた」と語り、「社会のみんなが『お互いさま』の精神で支えあう社会を作りたい」、「民主党と民進党で積み重ねてきた理念と政策をさらにシェイプアップして行きたい」との考えを発表しました。

私は、この考えに賛同します。

 

今回の衆議院の解散でも、憲法の問題でも、国民が主人公であるという立憲主義を無視した安倍総理の行動は許せないものがあります。

選挙を通じて、安倍政権の退陣を迫りたいと思います。