上落合餅つき唄2018年02月18日

 

本日は、上落合 月見岡八幡神社のもちつきに顔を出しました。

 

ここで行われるもちつきは、新宿区の無形民俗文化財にも登録されており、「上落合餅つき唄」を唄いながらお餅をつく、珍しいものです。

 

上落合餅つき唄保存会の皆さんが、地域の方々や子どもたちにもこの歌を教え、末永く残していこうとする取り組みには、地域愛や絆、文化保存の大切さを自然と感じます。

 

子どもたちが楽しそうに歌いながら、「一、二、三!」とおもちをつく姿はとても微笑ましく、目尻が下がります。

 

天気も良く、多くの人出に恵まれて、盛会の様子。

 

関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

 

夕方からは、所属する町会のボーリング大会に参加です。

 

明後日は代表質問もあるので、あまり調子に乗らないようにしないと…。

 

筋肉痛にならない程度に、頑張りたいと思います。