なるなるフェスタ2018年03月03日

 

本日は、過密スケジュールな1日でした。

 

まず、10時からは「自治労東京都本部第67回定期大会」に出席です。

 

春闘を目前に、委員長から活動方針が語られたのですが、トップにきた項目は、賃上げについてではなく、非正規職員の待遇改善が「いの一番」として扱われたのがとても印象的でした。

 

私も先日の代表質問で、公務員の非正規職員の処遇について、取り上げましたが、この問題は職員の皆さんからしても喫緊の課題だということです。

 

考えを同じくして、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

 

大会の会場を後にして、地元に戻り、落合第二中学校へ。

 

体育館で開かれている「展覧会」を観てまわりました。

 

スケッチや工作、陶芸やレポートなど、様々な活動報告がされていました。

 

それぞれとても努力の跡が感じられ、趣き深い作品などを観ているとほっこりした気持ちになりました。

 

 

次は、落合第一地域センターで催されているお茶会に参加です。

 

落合中学生茶道部の皆さんに点ててもらったお茶を、「どっちにお椀を回すんだっけ?その前にお椀を眺めて…結構なお点前でした。」と、ドタバタと作法知らずの恥ずかしさでした。

 

凛とした仕草、礼儀、節度のある動きに、こちらも実の引き締まる一時。

 

雅な雰囲気を味わうことができました。

 

 

13時には、インターン生の青栁さんと合流して、落合第一小学校で催されている「ひなまつりコンサート」に出席です。

 

落一小金管バンドや落合ブラスアンサンブルの心地よい演奏を聴きました。

 

皆さんの日々の練習の成果を存分に感じることのできたコンサートでした。

 

 

第二部は失礼し、新宿区女性の健康支援センターに向かい、「なるなるフェスタ」に顔を出しました。

 

東尾理子さんの講演やなどは予約で一杯でしたが、お味噌の試食や甘酒の試飲コーナーなど見てまわりました。

 

各女性にまつわるそれぞれのブースも満員御礼の状況で、今回もこのイベントが大当たりなのを、肌で感じることができました。

 

青栁さんもクイズやアンケートに答えるともらえるお土産の数々にホクホク顔です。

 

とても多くの賑わいで、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。