上落合東部まちづくりの会2018年07月01日

 

一昨日は、金曜日なので下落合駅に立たなければならなかったのですが、W杯日本代表戦を遅くまで観戦していたせいで寝坊しました。

 

予選リーグ突破を理由に、「今日は仕方ない」と自分に甘くしてしまい、朝から少々反省です。

 

 

10時からは、伯母や後援会の皆さんにお集まりいただいて、区政レポートの発送作業です。

 

皆さんに、息子は童謡や踊りを教えてもらい嬉しそう。

 

賑やかな中での作業となりました。

 

 

夕方からは、連合新宿の幹事会に出席です。

 

先日行われたパラスポーツ体験教室など、活動報告がなされました。

 

皆さん、「良い経験をした」「楽しかった」と好評です。

 

障がいをお持ちの方へのサポートアプローチの仕方なども改めて教えてもらったそうで、障がい者とのコミュニケーションについて、前向きになれたのは大きな効果ではないでしょうか。

 

駆けつけた海江田衆議院議員からは、働き方改革法案の取扱いや顛末について、説明がありました。

 

「内容の中で、良いものもあるのに、高度プロフェショナル制度のように問題のあるものも、全部一括りで出されると反対せざるを得ない。切り分けて出してくれれば、良いものには賛成できたのに、政府の姑息さを感じる。」とのこと。

 

連合の皆さんから今回の対応に理解が示され、今後の連帯の方針が改めて確認されました。

 

 

昨日は、10時から上落合東部まちづくりの会に出席しました。

 

これまで3年間をかけて、地域のまちづくりに関して話を進めてきました。

 

今回は、「まちづくり構想」をまとめる、詰めの作業です。

 

暮らしや防犯、防災など多岐に渡り、「安心して住める・住み続けられるまち」づくりの構想が出席者に示され、議論し、最終的な集約後、承認の確認となりました。

 

これが区長提言として出され、区と住民が協働で行うまちづくりの取り組みとして機能していくことになります。

 

木密地域の問題解消など、しっかり効果が出るよう、私も今後を見守って行きたいと思います。

 

 

18時半からは、地元の新宿消防団第11分団の総会・懇親会に出席です。

 

「生業の傍ら地域の安心・安全に全力で務める皆さんに心から感謝を申し上げます。一層活動がしやすい環境が整えられるよう、議会でも全力で支援していきたいと思います。」と挨拶しました。

 

操法訓練の場所の確保などもそうですが、日々の活動が円滑に行えるよう、汗をかいていきたいと思います。