鬼は外、福は内2019年02月03日

 

昨日は、14時から上落合東部まちづくりの会に出席しました。

 

こちらの会では昨年に「まちづくり構想」がまとめられ、区長への提言として出されました。

 

これは、暮らしや防犯、防災など多岐に渡り、「安心して住める・住み続けられるまち」になるように、区と住民が協働で行うまちづくりのルールとして機能していくことになります。

 

そして、今回はまちづくりガイドラインについて、意見交換を行いました。

 

駐輪やゴミ出し、植栽の管理、ブロック塀の使用抑制など、ルールとして縛りづらい項目について、様々な意見が出ていました。

 

こちらの方も議論を重ねて、ブラッシュアップされていくことになります。

 

上落合東部まちづくり

http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/keikan01_002140.html

 

 

本日は、節分なので、豆まきが三件。

 

最後に訪れた地元の氷川神社の節分祭には、子どもを連れて向かいました。

 

下落合 氷川神社の境内には、たくさんの人が集まって、豆まきに参加しています。

 

式の途中では、赤鬼と青鬼が社殿に入り、中にいる氏子の皆さんに豆をぶつけられ退散するという一幕もあり、子どもたちなど参加者を楽しませていました。

 

私の息子は、まだ鬼を理解していないので怖がりはしなかったのですが、鬼のパーマのカツラがとれた時はビックリしてフリーズ。

 

つい笑ってしまいました。

 

「鬼は外、福は内」、私も地域の安全と発展をお祈りしました。