盆踊り 始まる2019年07月14日

 

昨日は、下落合四丁目町会の盆踊りに顔を出しました。

 

時折雨がパラつく中でしたが、連休とのこともあり、たくさんの人出です。

 

地域の子どもたちが、威勢良く太鼓をたたく中、多くの皆さんが輪になり、東京音頭などを踊っていました。

 

私は、本部のテントを皮切りに、町会の皆さんが出している模擬店を一つ一つ挨拶してまわりました。

 

落合地域では、この盆踊りをスタートに、毎週盆踊りが続くことになります。

 

地域の発展をお祈りしながら、全ての町会をまわっていきたいと思います。

 

 

盆踊りに顔を出した後は、下落合二丁目計画(目白クラブ寮跡地マンション建設計画)についての住民集会に出席しました。

 

この地域は、近衛町と呼ばれ、閑静な住宅街であり、何代にも渡り、古くからお住いの方々が多い街です。

 

そうした方々が、代々に渡って緑などを守り、良好な住環境の維持にご努力されてきた結果、現在もおとめ山公園を中心に、落合グリーンベルトがしっかりと残されています。

 

そこに、地上2階、地下5階の、俗にいう「地下室マンション」の計画が立ち上がりました。

 

この建設に伴い、目白ヶ丘幼稚園の登園路の安全など、様々な問題が出てきており、今後建設事業者との交渉や関わる行政部局への陳情などについて、この集会で話し合われました。

 

私も地域の皆さんの声にしっかりと耳を傾け、今後の交渉などに関わっていきたいと思います。

 

 

本日は、10時半から新宿区手をつなぐ親の会「楽しいつどい」に参加しました。

 

知的障がいを持つ会員、そのご家族や支援スタッフの皆さんがかけっこなどして、汗を流していました。

 

私も冒頭の準備体操を一緒にしたのですが、それだけで息切れです。

 

「参議院選挙でポスティングに出ていないので体がなまったのだ」と自身に言い訳しつつ、日頃の運動不足を痛感です。