きもだめし2019年08月25日

 

昨日は、区政レポートが届き、発送作業の準備などに追われていました。

 

とはいえ、8月も終盤に差し掛かり、ろくに子どもをレジャーにも連れて行けていない後ろめたさから、作業を途中で切り上げ、ベランダで一緒にプール遊びです。

 

夕方からは、子どもを連れて、地域のイベントへ。

 

まずは、下落合東町会の皆さんが催す「きもだめし『おばけやしき』」に参加です。

 

地域交流館の1階で受付を済ませ、和室に一同集められているのですが、ここのインジェクターで流されるホラーアニメで、子どもはすでにだっこ状態です。

 

順番が回ってきたので、2階に上がり、コースへ。

 

コースでは、置かれているテレビがいきなり点いたと気をとられていると、背後から恐怖のピエロがワーッと…。

 

子どもは固まり、私はギャーッと声をあげる始末。

 

父の威厳はありません。

 

恐る恐る進む中、茶道室では押し入れがガラッと開き、鐘を叩く男の人にビックリするものの、確認するとノーメークの父の同級生。

 

ただのボウルをすりこ木で叩くおじさんです。

 

驚きはしたものの、ちょっと笑ってしまいました。

 

子どもはだっこを求めず、歩いて出口まで行けました。

 

景品のクッキーをもらい、ホクホク顔です。

 

町会の皆さんは「お父さんの方が怖がっていたね」と、してやったりの笑顔。

 

やはり、人が生で演じるおばけは怖いですね。

 

 

おばけやしきを後にして、中井・獅子吼会の盆踊りへ。

 

多分、これがこの地域での最後の盆踊りです。

 

来週からは、秋の祭礼がスタート。

 

地域のイベントは、合間なく続きます。

 

盆踊りでは、地域の皆さんや模擬店を開く町会の皆さんなどに挨拶しながら、子どもに焼きそばなどを食べさせ、夕食です。

 

ここでは、おいしそうな日本酒がそろえてあり、地域の大人を楽しませています。

 

私も勧められたのですが、車で来場したため断念。

 

つくねを片手に、「久保田」をおいしそうにあおるご婦人を横目に、私は子どもとかき氷でした。