秋のイベント目白押し2019年10月06日

 

昨日は、朝から落合第三幼稚園の運動会を観覧しました。

 

幼い子どもたちが、一生懸命かけっこする姿やかわいいダンスに、ついつい頬が緩み、目尻は下がりっぱなしです。

 

10月とは思えない日差しの強さと暑さの中でしたが、子どもたちは元気一杯、楽しそうに体を動かしていました。

 

 

次に、子どもと合流し、落合清掃事務所に向かい、ゴミ減量新宿フェアに参加です。

 

小中学生が描いたごみ減量絵画優秀作品の授賞式に立ち合いました。

 

受賞した作品はどれも、ゴミ減量やリサイクルの大切さを訴える力が強く、とても素晴らしいものでした。

 

式の後に、リサイクルバザーや各種展示を見つつ、清掃協力員の皆さんが開いている模擬店を挨拶してまわりました。

 

フランクフルトを頬張っていると、「あっ、帰ってきた」と一段高いトーンでの職員の方の声がします。

 

南房総へ、災害支援で派遣されていた清掃車の無事の帰還でした。

 

乗っていた職員の方に「お疲れ様でした。やはり大変でしたか。」と聞くと、「想像以上に」と笑っていましたが、お疲れは隠せません。

 

厳しい環境での作業に慣れている方々ですが、そうした方でもこの有り様ですし、清掃車の汚れ具合から察すると現場はかなり大変だったことが分かります。

 

本当にお疲れ様でした。

 

 

清掃事務所を後にし、落合第五小学校で催されている「落五まつり」に参加しました。

 

やきそばやかき氷などの模擬店も沢山出ており、ストラックラインの体験コーナーなどもあって、子どもたちはとても楽しそうにしていました。

 

PTAや町会、地域で活動する諸団体の皆さんも「暑い、暑い」と大変そうでしたが、子どもの達の笑顔を糧に頑張っていらっしゃいました。

 

 

お昼を過ぎて、新宿アルタ前へ。

 

「多様性のまち・新宿で、ダンスを通して世界を感じよう。」と、新宿通りなどで世界のダンスが披露される「ワールドダンスストリート」を見学しました。

 

サンバやタンゴ、ベリーダンス、新宿区役所つつじ連の阿波踊りなど、様々な踊りを観ようと多くの人出です。

 

私は、昨夜にラグビーで激突した、サモアのダンスを見せてもらいました。

 

 

次に、新宿文化センターで催されている「-shin-音祭」を覗いてみました。

 

「-shin-音祭」は、新宿フィールドミュージアムのイベントの一つで、アーティストライブとワークショップが実施されました。

 

前衛的な音楽や舞台など、様々なカルチャーを生み出してきた街・新宿ならではの都市型音楽フェスティバルです。

 

レコーディングの仕組みやパソコンでの作曲などのワークショップでは、子どもをはじめ、幅広い世代の方々が体験を楽しんでいました。

 

天気も良く、イベント日和の1日となりました。