三世代交流サロン2019年12月14日

 

本日は、子どもを連れて戸塚センターでの神田川ファンクラブの活動を覗き、神田川ふれあいコーナーを見てまわりました。

 

神田川ファンクラブでは、会員となった子ども達が、生き物・水質調査や地場産業「染め」の見学、水源や歴史を調べたりと、1年を通して神田川にまつわる活動を実施します。

 

最近の神田川は水質も改善され、鮎などが泳ぐほどになりました。

 

そうした川に親しみながら、地域の歴史を知ってもらえたら、様々な学びとなることでしょう。

 

息子ももう少し大きくなったら、是非会員となって、様々な体験をしてもらいたいと思います。

 

 

次に、落合三世代交流サロンで催されているクリスマス会に参加しました。

 

このサロンは、多世代間の交流を目的とした地域のお茶の間のような施設で、小さなお子さんが楽しく遊べるスペースや持参したお弁当を食べることができるコーナー、大きな鏡のあるレクリエーションルームなどがあり、子連れや高齢者の方々が仲良く交流し、1日中楽しく過ごすことができます。

 

また、落合三世代交流を育てる会の運営による、5つのプロジェクト(カフェ、リサイクル、レク&カル、子育て、ミニFM)では、様々な活動が企画・実施されています。

 

今日のクリスマス会では、宝探しなどのゲームの他、ハンドベルやコミックバンドのショーなどもあり、リサイクル楽器を片手に子どもも大はしゃぎ。

 

帰りには、クリスマスプレゼントとしてお菓子などの袋とお花の苗をもらい、息子はホクホク顔。

 

高齢者、子育て世代、子どもと三世代で大いに盛り上がる、とても有意義なイベントでした。