中落合もちつき2020年01月19日

 

本日の午前中は、中落合もちつき大会に参加しました。

 

天気も良く、とてもたくさんのお子さんが集まっており、子どももちつき体験の時間は長蛇の列。

 

小さな子どもたちが「よいしょ、よいしょ」と元気にお餅をついていました。

 

私も、子どもたちがつく前の本づきをさせてもらいましたが、杵の重さにヨロヨロです。

 

スタッフの皆さんから「新年会で体がなまっているな」と笑われてしまいました。

 

明日、筋肉痛でロボットみたいな動きにならないか心配です。

 

 

もちつきを途中で失礼して、落合第二地域センターへ。

 

昨日に続き、清風園の廃止及び廃止後の跡地活用方針案についての地域説明会に出席です。

 

やはり本日も、施設の維持を望む方、グループホームを望む方などから、様々な質問や意見、要望が出ていました。

 

利用者や地域の皆さんへの説明や周知がしっかりとなされておらず、町会、民生委員、まちづくり協議会、高齢者総合センター、社会福祉協議会などに知らされたのも12月26日とのこと。

 

意見交換やアンケートも取らずに、1カ月足らずで、案とは言え解体、建設のスケジュールの説明までするのは拙速と言わざるをえません。

 

これでは「結論ありき」と思われても仕方ない。

 

「そもそも清風園を廃止するか、否かを議論した後に、廃止となれば何に利用するかを住民に聞くべきであり、清風園のあり方とグループホーム整備は切り分けて説明会を開くべきだ」との意見が出ていました。

 

おっしゃる通り。

 

私も昨日からその点はモヤモヤしており、「高齢者か障がい者のどちらか一方の福祉を選べ」と言われているようで釈然としませんでした。

 

いずれにしても、本日の意見や要望を受けて、区がどのように判断するかを見た上で、折り合える点を探っていきたいと思います。

 

 

夕方は、建設ユニオンの大会・新年会に出席しました。

 

「新宿区では公契約条例ができましたが、賃金や基準ラインの設定については、皆さんの意見を聴きながら、更に審議会で議論を進めていくことが必要です。」と新年の挨拶をし、活きた条例になるよう、ご協力をお願いしました。

 

 

夜は、地域の新年会が1件。

 

肝臓のトレーニングも佳境を迎えています。