文教子ども家庭委員会(1/13)2021年01月13日

 

本日は、10時から文教子ども家庭委員会が開かれました。

 

まず、調査事件として、新型コロナウイルス感染症対策について、子ども家庭部と教育委員会からそれぞれ説明を受け、質疑しました。

 

それぞれの所管で、「休校、休園は行なわない」ということですが、非常事態宣言を受け、行事や事業の中止など制約が入る事案も多く、児童・生徒や職員には一層の負担がかかることになります。

 

子ども家庭部所管の事業の質疑では、「在宅勤務等の増加に併せてDVや児童虐待も増える。時短などの実施と相談窓口の受付時間等、体制について齟齬がないように」と、体制の確認などがなされました。

 

また、登園自粛を要請する他自治体が例に挙げられ、「保育施設等の登園自粛について、区の対応における判断のあり方」が質されていました。

 

「各種経済活動への自粛は実施されないので、保育の体制はそのまま」との答弁でした。

 

区立学校の部活動やクラブ活動については、教育委員会は飛沫感染防止ができるものは可としていますが、校長会ではそうした活動も当面は自粛との確認があったとのこと。

 

また、日常的な運動不足への対策などについても質問が出ていました。

 

入学前プログラムの中止が決まったことについてでは、「オンラインなどでも実施できるのではないか」との指摘が出ていました。

 

続いて、「新宿区子ども未来基金を活用した助成の拡充について」、「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査について」、「One Day 英語キャンプの実施について」、3件について報告を受け、質疑を行いました。

 

「新宿区子ども未来基金を活用した助成の拡充について」では、都の助成との兼ね合いが確認され、「不利益が生じぬか」などの質問が出ていました。

 

私からは、基金の積み立て状況(3億円を超える基金があります)を確認した上で、「ひとり親家庭の生活がひっ迫している。子ども食堂への参加やフードパントリーへの登録が増加している。加算等助成強化も含めスピード感を持った対応を検討せよ。」と、支援強化を求めました。

 

「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査について」では、不登校の増加とコロナ禍の関係などが質されつつ、対策についての説明が求められていました。

 

私からは「あだ名といじめについて」取扱いの状況を聞いた上で、「何らかのガイドラインを教育委員会で出すべきではないか」と提案しました。

 

新宿区では、小学生は12月、中学生はい8月に2泊3日で英語漬けとなる「英語キャンプ」が実施されていますが、今期はコロナ禍により中止。

 

代替として、1日完結型の体験事業として、「One Day 英語キャンプ」を実施することになりました。

 

教育センターと区内ホテルを利用して、VRを用いた英会話によるロールプレイングや昼食を兼ねたテーブルマナー教室などが行われます。

 

「新たな仕様なだけに、学習効果の検証が必要」と指摘がされていました。

 

しっかりと議論し、12時前に委員会は散会となりました。

 

 

午後は、会派の会計業務や資料整理を行ないました。

 

ポスティングもまだまだ残っており、賞味期限が切れる前に配布をしたいのですが、時は非常事態宣言下。

 

現在は、議会活動や相談事以外での外出は自粛中。

 

どのタイミングで動きだそうか、思案中です。

 

 

カテゴリ:
タグ:
, ,