伯母からの一言2015年06月20日

IMG_20150620_124343

 

本日は、新宿区障害者団体連絡協議会、新宿区障害者福祉協会の合同報告会に出席しました。

 

「共生社会の実現にむけ、地域社会に障害者理解を深めていこう」

「高齢障害者の地域生活を支える仕組みを構築していこう」

 

をスローガンに掲げ、2014年度の活動報告及び2015年度の活動方針を伺いました。

 

障害者権利条約は批准されましたが、まだまだ障害者差別禁止法などは道半ばです。

現場の皆さんの声をしっかり汲み取り、サポート強化を図っていきたいと思います。

 

ここでの挨拶は、ちょっと趣向が凝らしてあり、団体の方からのお題に沿った話をするとのこと。

 

私は、「恩師、恩人、大切な人からの一言」のお題を賜りました。

 

「区議会議員だった伯母の小野きみ子からの一言。

『暗い外から明るい部屋の中は良く見える。しかし、明るい部屋からは暗い外は全く見えない。本当に困っている人や弱い立場の人の側に立ち、そうした方々に光を照らすのが政治の役目です。明るい部屋にばかりいては、そうした方々の苦しみを見落としてしまうことになるので、肝に銘じて努めなさい。』

と、政治の道を進むときに、そう諭されました。」と話をいたしました。

 

伯母からの一言ではありませんが、障がい者やその家族の方々は、色々と苦労も多く、そうした方々にしっかり光を照らし、人にやさしい新宿区を創っていきたいと思います。

 

 

カテゴリ:
タグ: