第五福竜丸は航海中2017年03月12日

 

本日は、インターンの多田羅さんとポスティングです。

 

少しずつ暖かくなってきているのでしょう、コートを着て動いていると汗ばむ感じです。

 

 

お昼は、戸塚地域センターへ向かい、地区協議会の催す「とつかフェスタ」に参加しました。

 

つまみかんざしの作り方のレクチャーを受けたり、発泡スチロールでのスタンプ作りをしたり、各ブースをしっかり回り、クイズラリーもコンプリートです。

 

アルファ化米と豚汁のセットを昼食としました。

 

多田羅さんは、初のアルファ化米とのことでしたが、「案外おいしいですね」との感想。お腹もふくれ、ポスティングに戻りました。

 

 

15時半からは、大久保地域センターへ行き、平和記念講演「第五福竜丸は航海中」を聴きました。

 

第五福竜丸の悲惨な事件を詳しく解説してもらい、核兵器の恐ろしさ、戦争や軍備拡大を許してはいけないことを改めて考えさせられました。

 

そして、被爆体験をした乗組員の方やマーシャル諸島の島民はいまだに被爆症と戦っています。

 

今回、お話をしてくれた第五福竜丸平和協会の市田さんの「記憶を記録すること…忘れないこと、学ぶこと、発信すること」が私たちのしなければならないことですとの言葉に、とても感銘を受けました。

 

私も、まず知ること、そして学ぶことから始めていきたいと思います。