介護保険改定の問題点2017年03月28日

 

本日は、たまっていた資料整理をした後に、清風園のお花見コーサートに顔を出しました。

 

施設を利用されている方だけでなく、地域の皆さんもいらっしゃって、立ち見が出るほどの大盛況でした。

 

天気も良く、奏でられる音色にホッと一息つく時間をいただきました。

 

 

13時半からは、自治研究センターの月例フォーラムに出席しました。

 

今回は、淑徳大学の鏡諭教授「第七期介護保険改定の問題点と自治体の課題」を聴きました。

 

介護保険は、財政のひっ迫を理由に保険機能が後退していっています。

 

これから、第七期介護保険事業計画策定に向けて、区市町村は取り組みを始めます。

 

先生は、ポイントは3つあり、給付の縮減、地域包括ケアの強化、混合介護とのことでした。

 

介護サービスを削られていくことは、今でもギリギリで生活している高齢者には死活問題です。

 

地域包括ケアも全ての地域で整っているわけではなく、そうした格差をどうするのか。

 

本来、地域包括ケアと介護保険はひも付かないと説明を受けました。

 

混合介護は、介護では儲からないので、他で稼がせるシステムとバッサリ。

 

とても勉強になる会でした。

 

次回はこのシリーズで、事業者サイドの講演を聴きます。

 

しっかり勉強して、私も備えていきたいと思います。

 

 

カテゴリ:
タグ:
, , ,