ややこしや2017年10月27日

 

昨日の朝は目白駅、本日は下落合駅に立ちました。

 

本日は、海江田万里さんも一緒に、衆議院選挙の報告をしました。

 

駅頭に立つと「これから頑張って」「海江田さん、良かったね」と声をかけてもらえます。

 

厳しい選挙戦でしたが、これらの励ましに報われる気持ちです。

 

ただし、少々ややこしいのが…。

 

海江田さんや鈴木ようすけさんは、今回の総選挙を機に立憲民主党の所属となりました。

 

しかし、私たち自治体議員や参議院議員のほとんどが民進党に残っており、看板などの党名もそのままなのです。

 

看板を見る方からは「民進党はもうなくなったんだろう」と言われ、のぼりを見た方には「立憲民主党に行くんだ」と聞かれます。

 

枝野さんは会見で「数合わせの権力ゲームに与しない」「政策、理念を供する方に加わってもらう」と話していました。

 

私は、海江田、鈴木の両氏を応援したのは、政策、理念と彼らの生きざまに共鳴したからであり、早く轡を並べて歩みたいと思いつつも、流行りにのるように党を移ったと思われるのも心外ですので、二の足を踏んでいる状況です。

 

いずれにしても民進党がこれからいかように整理がつくのか、看取った上での判断となりそうです。

 

もう少しの間、微妙な立場のままの活動となりますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

あぁ、ややこしや。

 

 

カテゴリ:
タグ:
, ,