氷川神社 節分祭2018年02月03日

 

本日は、午前中はポスティングに出ようと思っていたのですが、洗濯や子守に予想以上に時間をとられ、断念せざるをえませんでした。

 

明日は、インターン生も来てくれるので、今日の分も頑張ろうと思います。

 

 

昼過ぎからは、新宿まちづくりの会20周年記念シンポジウムに出席しました。

 

会ではこれまで、オリンピック・パラリンピック開催に向けて、「歩行者にやさしい新宿」の実現を目指し、歩道の拡張などを訴えてきました。

 

車椅子や歩行器、ベビーカーなどのいわゆる交通弱者にとって新宿はまだまだ危険なまちと言わざるを得ない状況とのこと。

 

卯月早大教授の講演やその後のパネルディスカッションで、課題と対策が論じられました。

 

私もこれまで委員会などで、安全な歩道整備について発言してきましたが、会でのお話を聴いて、改めて問題を認識することができました。

 

 

午後は、地元の氷川神社の節分祭に子どもを連れて向かいました。

 

下落合 氷川神社の境内には、たくさんの人が集まって、豆まきに参加しています。

 

式の途中では、赤鬼と青鬼が社殿に入り、中にいる氏子の皆さんに豆をぶつけられ退散するという一幕もあり、子どもたちなど参加者を楽しませていました。

 

私の息子はまだ鬼を理解していないのでキョトン顔です。

 

「鬼は外、福は内」、私も地域の安全と発展をお祈りしました。