親なき後対策2018年07月23日

 

本日から、小学校などで行われるラジオ体操がはじまりました。

 

先週に終業式を済ませて、学校は夏休みに入っており、多くの子どもたちが参加していました。

 

私の地域での朝のラジオ体操は、今日から8月半ばまで。

 

つい夜更かしなどしようものなら、起きるのがきつくなるのですが、スタンプをたくさんもらえるように頑張りたいと思います。

 

 

10時からは、新宿区立障害者福祉センターでの講演会「高齢になった障害者の 地域で暮らすこと 施設で暮らすこと」を聴きました。

 

東京都手をつなぐ育成会の佐々木理事長から、これまで相談にのってきた例などが話され、そうした時の考え方などが分かりやすく説明されました。

 

家族と暮らす、施設に入る、一人で暮らすなど、それぞれの望む生活は様々です。

 

いずれを選択していくとしても親なき後の支援体制の確立は、障がい者支援の大きな課題です。

 

「入所施設に入れればそれで終わりという時代ではなくなった。」

「色々な意見や支援者の話を聴くことが大事。」

など、現場を知る方のお話はとても心に響きます。

 

地域、施設など、それぞれの暮らしのメリット・デメリットについて、説明が分かりやすく、とても良く理解できました。

 

そうした中で、本人や家族、支援者が辿り着く答えがいかようなものであれ、しっかりとサポートできる体制を整えることが必要だと改めて考えさせられました。

 

こうした学びをしっかりと議会に反映させていきたいと思います。

 

 

カテゴリ:
タグ:
, ,