東京オリンピック 聖火トーチ2018年08月30日

 

昨日は、インターン生を伴って、新宿クリエータズ・フェスタと連動した催しで、新宿伊勢丹で開かれる「古代オリンピアから日本へ 想いをつなぐトーチ展」のオープニングイベントに出席しました。

 

駐日ギリシャ大使館と在日ギリシャ商工会議所、そしてオリンピック関連コレクションを多く所蔵するストラスト・クリム氏の協力を得て、これまでのオリンピック・パラリンピックで使用された24本に及ぶトーチが展示されています。

 

展示では、各トーチとその時のオリンピックについての説明があり、各階のトーチ展示横にあるスタンプラリーを完成させると「ギリシャの国旗バッジ」か「東京2020大会ピンバッジ」をもらうことができます。

 

東京オリンピックを知らない世代ですが、なかなか見応えのある展示の数々。

 

特に、東京オリンピック時に使用されたものはグッとくるものがありました。

 

東京大会まで2年を切りましたが、こうしたイベントで少しずつ気運醸成がはかられています。

 

 

午後は、各種団体からの要望聴取の時間となりました。

 

9月頭まで、各種団体の方々にお越しいただき、様々なお話を聴かせてもらうことになります。

 

 

本日は、立憲民主党パートナーズ集会(都連主催)が、19:00~ 後楽園ホールにて、開かれます。

 

この会は、「パートナーズ」の皆さんに集まっていただき、意見交換をしようという会です。

 

今宵は、枝野幸男代表も出席し、参加者からの「一言申したい」にもお答えするようです。

 

パートナーズ登録がお済みでない方でも、会場受付にて当日登録をすれば入場可能となっていますので、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

 

http://cdp-tokyo.jp/news/8月30日%E3%80%802019-立憲東京プロジェクト-始動/