財政学校2019年02月11日

 

区政レポートが刷り上がってきたので、ここ連日は発送作業とポスティングに追われています。

 

連休明けに郵便局へ持って行くので、大慌ての作業となりました。

 

作業机の端では子どもがミニカーをブーッと…。

 

バタバタした中ですが、和やかなムードで作業が進んでいます。

 

 

本日は、10時から東京自治研究センター「財政学校」に出席です。

 

連日のハードワークで疲れがたまっている上、難しめの学習会。

 

第一講は「国家予算案-「専守防衛」を逸脱する防衛関係費の拡大と消費税増税-」、

 

第二講は「外国にルーツをもつ子どもたちの支援策」、

 

第三講は「平成31年度東京都予算案と小池都政の今後」、

 

第四講は「2019年度特別区予算をめぐって」、

 

第五講「2019市町村予算の課題」となります。

 

どの講も集中して聴いていないとすぐにチンプンカンプンになってしまう気の抜けないハードな講演です。

 

第二講の国士舘大学の鈴木教授の「外国にルーツをもつ子どもたちの支援策」は、新宿区でも大きな課題となっており、対策提案へのヒントをたくさんいただきました。

 

知恵熱が出ましたが、とても勉強になるセミナーでした。