おとめやま 緑まつり2019年05月12日

 

本日は、「おとめやま 緑まつり」のため、8時から町会の倉庫から机や椅子、テントなどを運び出し、設営のお手伝いです。

 

10時に参加町会の全てのテントが準備を終えて、あとはスタートを待つばかりです。

 

私は、改めてスーツに着替えて、10時半からの「おとめやま 緑まつり」 式典に出席しました。

 

区長や実行委員会の方々の挨拶の後に、「ミツバツツジ」を植樹しました。

 

「ミツバツツジ」は、4-5月頃に咲く紅紫色の花が美しい低木。

 

花が終わってから枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついたとのこと。

 

来年の花咲くこの時期がいまから楽しみです。

 

式典終了後、町会の皆さんが出している模擬店で、焼き鳥やフランクフルトをいただきながら挨拶してまわりました。

 

天気に恵まれ、夏日となりましたが、たくさんの人出となり、おおいに盛り上がった催しとなりました。

 

暑い中、関係者、町会の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

 

緑まつりを後にし、落合球場へ。

 

こちらでは、新宿サッカー協会の皆さんが催す「フットサル教室」を見学させてもらいました。

 

教室では、元日本代表の森岡隆三さんやフットサルの日本代表だった北原亘さんから、子どもたちはボールの扱い方などを学んでいました。

 

また森岡さんからは、「国や年齢が違ってもボール一つでつながれる」と、元代表選手ならではのサッカーの魅力について語られていました。

 

この催しでは、大人と子ども、それぞれの国対抗戦などもあり、とても盛りだくさんにサッカーの素晴らしさを知ることができるものとなりました。