水防訓練2019年05月18日

 

連日、会派控室に詰めて、幹事長会の行方を見守っていましたが、昨日に会派構成、質問時間、委員会構成など、議会運営に携わる大枠の全てが内定しました。

 

これらが、来週の臨時議会にて決定し、議会が本格的にスタートです。

 

話し合いが長期化し、幹事長の志田さんは大変でしたが、臨時議会の後に存分に慰労したいと思います。

 

 

本日は、10時から「新宿区・新宿区内消防署 合同水防訓練」に出席しました。

 

霞ヶ丘の聖徳記念絵画館前で、河川の氾濫、道路の冠水やビルへの浸水を想定した様々な水防工法など、区や消防署、消防団や消防少年団、地域防災ボランティアの皆さんによる活動をそれぞれ拝見しました。

 

また、ドローンを使った被災者捜索のデモンストレーションや絵画館前の池を使用した水難救出訓練なども目の前で行われました。

 

風はあるものの日差しが強く、暑い中での訓練でしたが、皆さんキビキビとした動きで日頃の訓練の成果を十分に感じさせる素晴らしいものでした。

 

住民の安心・安全、財産を守る皆さんの日々の積み重ねを感じ、政治からもしっかりサポートしていかなければならないと改めて考えさせられる訓練となりました。

 

暑い中、関係した皆様、大変お疲れ様でした。

 

 

水防訓練会場を後にして、新宿中央公園へ。

 

「新宿子育て教育フェア」に参加しました。

 

これは、新宿区と新宿私立幼稚園連合会が共同で催したイベントで、沢山のブースがあり、子どもたちもとても楽しんでいる様子です。

 

各幼稚園では、それぞれ趣向を凝らした出し物やゲームコーナー、または体験コーナーで個性や特色をアピールしていました。

 

私も子どもを連れていきましたので、各所の説明を聴きながらとなりましたが、一緒に楽しませてもらいました。

 

とても天気が良く、会場は沢山の人出でした。

 

 

次に、新宿駅西口広場へ行き「看護フェスタ」に出席しました。

 

看護協会の主催で、新宿区医師会など多くの医療関係の協会が後援し、とても規模の大きな催しです。

 

測定などの健康チェックコーナーや様々な健康相談コーナー、多くの体験ブースなど、30を超えていました。

 

ここでのブースを全て回ったら、健康診断したのと同じです。

 

その時に、心配な点があったら、すぐに相談コーナーで見立てもしていただけるとのこと。

 

沢山の方々が、健康チェックを行ない、自分の健康を確認されていました。