自治体議員連絡会2019年12月24日

 

連日、ポスティングと発送作業です。

 

毎日、1万歩以上歩いているのに、体重は減らず。

 

理由は単純。

 

体を動かし、ご飯が進んでいるのです。

 

発送作業では、伯母や母が交代で子どもを相手してくれているので、順調に作業が進んでいます。

 

年内には何とか郵便局へ持って行けそうです。

 

 

昨日の夕方からは、立憲民主党東京南ブロックの会議に出席です。

 

他の自治体との意見交換では驚きや新たな気づきが多く、とても為になります。

 

ちなみに、委員会などでまだ議会事務局にお茶を用意させている区や議会資料が当日渡される区などがあり、そうしたことを改善するべく仲間たちは声を挙げているようです。

 

お茶出しは論外。

 

また、資料の当日渡しでは、データや経緯の裏づけのない指摘や追求しか行なえず、表面的な浅い議論にしかなりません。

 

特に、経緯などをしらない新人議員は大苦戦とのこと。

 

「その点、新宿区は進んでいるな」などと思っていると、様々な先進的な取り組みをする区の話もあるわけで…。

 

話を聞くにつれ「やはりまだまだだ」と一喜一憂。

 

とても有意義な会議でした。

 

ブロック会議に続いて、隣の会議室に移動し、立憲民主党東京自治体議員連絡会に出席です。

 

各ブロックからの報告や期数を重ねている議員の体験談など、こちらもまた大いに為になるお話です。

 

私は、様々な事を少し分かってきたように思っていたところがありましたが、思い上がりを改めて気づかされ、背筋の伸びる思いです。

 

今後の連携や組織強化の課題・取り組みが確認され、本年最後の党の会議は終了です。

 

 

カテゴリ:
タグ: