新春 日本の遊び2020年01月11日

 

本日は、10時から新宿消防団始式に出席しました。

 

始式では、功績消防団員などの皆さんの表彰がありました。

 

日頃から休むことなく地域の安心、安全のために尽力する皆さんの活動には、本当に頭の下がる思いです。

 

そうした献身的な日々の積み重ねが認められ、本日晴れての表彰となりました。

 

また、そうした団員の皆さんを支えるご家族の方々の表彰もあり、私も心からの感謝を込めて拍手を送らせていただきました。

 

 

始式の終了後、落合第一青少年育成会が催す「凧づくり・凧あげ」の会に顔を出しました。

 

会場には、子どもたちがたくさん集まり、満員御礼。

 

子どもと保護者の皆さんが一緒になって、一生懸命凧を作っていました。

 

こちらで作られた凧は、明日に落合野球場であげることができます。

 

都心はなかなか凧あげできる場所がありません。

 

せっかくの機会ですので、何とか凧あげの環境に恵まれるよう、空にお願いしておこうと思います。

 

 

午後は、落合第二センター「新春 日本の遊び」に、子どもを連れて参加しました。

 

羽子板や独楽、かるたや福笑い、お手玉など、多くのブースが設けられており、子どもと一緒にスタンプラリーをコンプリートです。

 

14時からの獅子舞の披露では、息子は「怖い、怖い」と逃げ回っていましたが、最後にしっかり頭を噛んでもらいました。

 

厄払い完了です。

 

会場では、とても多くの子ども達が楽しそうに昔あそびを体験していました。

 

最近では、こうした遊びにお目にかかる機会が減ってしまいましたが、子どもたちが伝統、文化を楽しく経験する、とても有意義な催しだと思います。

 

 

夜は、消防団、地域の町会と新年会のはしごです。

 

ゆっくりする間もなく、会場から会場へと…。

 

この時期の慌ただしさ、落ち着かなさには、毎年辟易とします。