知久会 盆踊り2022年07月30日

 

昨日から、ここ3日間は私の所属する町会の盆踊りの手伝いです。

 

昨日は、過酷な暑さの中でしたが、3年ぶりとなる開催のため、電線を伸ばして提灯が点灯するか、一つ一つチェックを行いました。

 

「天気が良いのはいいが、良すぎるのも考えものだね。」などと雑談しながらの作業。

 

本番の土曜日に向け、事前の準備は万端です。

 

 

本日は、8時から櫓やテントの設営、各露店の準備などに取り掛かりました。

 

8時の時点で、気温は31.5度と数字を見ただけでもクラクラします。

 

大汗をかきながらの作業となりましたが、昼までに粗方の準備が済みました。

 

盆踊りがはじまってからは、会場警備が担当です。

 

子どもと一緒に盆踊りを楽しめないのは残念ですが、働く背中を見せることで我慢することとします。

 

ちなみに、私の町会「下落合町会知久会」の盆踊りでは、まず17時の子供向けの盆踊りから始まり、ライブ演奏や落合囃子を挟んで、後半定番の音頭で盆踊りが行なわれます。

 

町内に音楽に関わる専門学校「ESP学園」や、舞台美術など、イベントに携わるすべての道のプロフェッショナルが揃った会社「シミズオクト」があり、そちらの皆さんが様々なライブなどを舞台で披露してくれます。

 

若い人には、「ESP学園」や「シミズオクト」のライブパフォーマンスが好評のため、幅広い層が会場に足を運んでくださいます。

 

露店も焼きそばやフランクフルト、かき氷などの定番から、子ども向けにはおもちゃのコーナーも出ます。

 

お近くにお越しの際は、是非お寄りくださいませ。

 

 

終わった後は、22時過ぎまで撤収作業があり、翌日は片づけた物を倉庫に戻す作業もあるので、この3日間はビールも飲まずに、お風呂に入ってバタンキューの日々。

 

コロナ禍のため、1日のみの短縮開催となりますが、会の成功のため私も頑張ろうと思います。