子どもと女性の貧困2017年02月10日

 

昨日は、インターンの多田羅さんが駅頭デビューを果たすはずでしたが、あいにくのみぞれまじりの冷たい雨。

 

無理して風邪をひかせてもいけないので、断念し区役所へ。

 

 

到着後、二人で図書室にこもり、質問作成です。

 

私の担当している、代表質問の供出分はほぼ出来上がり、所管の担当の方にご足労願い詰めの作業を行いました。

 

多田羅さんも担当者にいくつか確認や質問をしていたので、こうして政策や議会での質問が練り上がっていくことを、肌で感じてもらえたのではなでしょうか。

 

 

夕方は、ビラの作成と印刷です。

 

党から、文科省の天下りに関する特集ビラが配信されたので、それをベースに「区のPPP/PFIについての取扱いを問う」という私の記事を載せ、印刷機を回しました。

 

来週からは、こちらのビラを駅頭で配布することになります。

 

 

 

本日は、金曜日なので下落合駅頭からスタートです。

 

昨日に比べれば暖かく、日向でもあったので苦もなくビラを配布できました。

 

 

10時からは、インターン生と落ちあい、男女共同参画推進センターで開催されている公開講座に参加しました。

 

NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ 中島智美さん「子どもと女性の貧困-現状を学び、自分たちが出来ることを考える-」の講演を聴きました。

 

「なぜ貧困に陥ってしまうのか」、分かりやすい説明で、暮らしぶりや子どもが日々をどのように送っているかなど、実態をしっかり知ることができました。

 

また、「貧困の連鎖について」問題点の指摘のみならず、改善策などの提案もあり、本当にためになる講座でした。

 

 

その後、せっかく四谷まで来たので、新宿区歴史博物館に寄りました。

 

現在の展示は、「双六」です。

 

各時代の双六が展示されており、その時折の背景が目に浮かぶようでした。

 

一通り観たのちに、区役所へ。

 

 

昨日に引き続き、図書室で質問作りです。

 

先ほどの「貧困の連鎖」の講座を受け、多田羅さんは何やら質問すべきことが浮かんだようです。

 

意欲的に取り組んでもらえているので頼もしい限りです。

 

 

カテゴリ:
タグ:
, ,