「akta」2019年08月30日

 

本日は、朝から雨のため、下落合駅でのレポート配布はお休みです。

 

6時に起きて、インターン生に駅頭中止を連絡し、もうひと眠り。

 

ゆっくり目の朝となりました。

 

 

本日は、午前と午後で「ヒアリング」が1件ずつ入っており、控室に詰めていました。

 

合間合間では、質問を作ったり、レポート発送用の名簿の整理です。

 

引越しなどのため、封筒の印刷が遅れており、発送は来週になりそうです。

 

ヒアリングでは、午前中は手をつなぐ親の会から、牛込保健センター等複合施設の建替えやグループホーム整備、福祉避難所等の災害時の対応など、様々な要望を伺い、意見交換を行いました。

 

障がい者を取り巻く環境は、いまだ厳しいものがあり、相談の体制や財政的な支援の確立は待ったなしの状況です。

 

ご要望に沿えるよう、こちらもしっかり対応していきたいと思います。

 

 

午後は、子ども食堂など、子どもの貧困対策における活動をしている団体のネットワーク事務局「新宿子どもネットワーク」の皆さんからお話を聴きました。

 

「区も直接にこうした事業に関わりを持つようにしていただきたい」との要望は、悲鳴にも似たものを感じます。

 

他自治体では普通に行われている、こうした活動へのサポート体制強化が急務だと、改めて知る機会となりました。

 

議会でも取り上げていく方向です。

 

 

夜は、私は行かないのですが、インターン生の中村さんは、新宿2丁目でのボランティアに出動です。

 

私の事務所ならではのプログラムとなりますが、アジア最大といわれる、ゲイバーや商業施設が連なる新宿2丁目を拠点に活動している「akta」のご協力をいただき、HIV対策の現状や多様性を認める取り組みなど、現場に入り、学んでもらいます。

 

そうした啓発や支援をするために、夜の2丁目の店舗を回るボランティアですが、なかなか得難い経験をしてもらえるものと思います。

 

いずれにしても、新宿と言う街を理解してもらい、政治がどのように関わっているのかを、少しで知ってもらえる機会となった良いなと思っています。

 

 

カテゴリ:
タグ:
,